HOME > 採用について > 看護師・助産師募集 > 看護研究発表演題

看護研究発表演題

 研究委員を中心にして、研究をすることにより問題意識の向上を図り、看護ケアに活かすことを目的に外部講師指導の下、看護研究に取り組んでいます。
講師:愛知県立大学 看護学部 准教授 宇城 令 先生

院内発表

平成29年度

演題 発表者
混合病棟における患児へのプレパレーションの現状と課題 4階東病棟
横井 夏歩
透析看護師が申し送りで知りたい情報は何かを明らかにする 血液浄化センター
山田 かずみ
血液疾患患者が感染予防行動を退院直後の日常生活に取り込むための患者指導の検討 8階東病棟
福井 千夏

平成28年度

平成27年度

平成26年度

院外発表

平成29年度

石川 友美 
「急性期病院A病棟の退院支援の現状と課題」 

  日本看護学会急性期看護学術集会、9月、岐阜市


工藤 美和
「手術を受ける患者に説明の統一化〜患者説明用パンフレット運用の試み〜」

  全国自治体病院学会、10月、千葉市


大久保 俊介
「心筋梗塞発症患者への退院指導内容の検討〜退院後の患者への質問用紙で見えた指導効果と改善点〜」

  全国自治体病院学会、10月、千葉市


櫻井 尚子
「自宅で最期を迎えたいと望む終末期癌患者と苦悩する家族の意志決定支援」

  全国自治体病院学会、10月、千葉市


岡田 浩子
「慢性腎臓病保存期の患者の「ゆらぎ」の要因を明らかにする」

  日本腎不全看護学会学術集会・総会、10月、盛岡市


村越 紗耶
「羞恥心への配慮の検討−男性患者への意識調査を通して−」

  日本手術看護学会、11月、大阪市


大村 泰正
「ICU看護師の急変シュミレーション学習におけるセルフ・エフェカシーの変化」

  全国自治体病院学会、10月、千葉市


平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み