HOME > 採用について > 看護師・助産師募集 > 看護部長メッセージ

看護部長メッセージ

副院長兼看護部長あいさつ

写真
八木 純 副院長兼看護部長
 当院は、中東遠地域の急性期病院であり、病床数500床診療科数33科の基幹病院です。
 昨年度の救急搬送数は5,000件を越え、職員一丸となり、安全安心な医療の提供を目指しています。2015年8月には、救急救命センターを開設しました。
 看護部の理念は、「専門的な知識・技術と温かい心で、あなたに寄り添う看護を提供します」です。これは、統合の際に両病院の全ての職員の「看護で大事にしていること」をキーワードに意見を聞き、病院のビジョンと合せて作りました。急性期病院になっても「温かさ」「患者さんに寄り添う」を忘れずにしようという決意の表れでもあります。
 看護師の教育は、クリニカルラダー体制を取っています。看護者の成長段階にあった内容で教育・研修を行います。特に、自分が提供した看護場面を振り返り、看護としての意味を確認することで自信に繋がり次の課題が見える「概念化プログラム」に力を入れています。中堅看護師が自分の得意分野を伸ばしていくことを支援したいと考えています。
 今は特に看護部の進むべき方向をみんなで共有し、同じ目的に向うことが重要と考えています。情報共有に努め、意見交換が活発にできる看護部が理想です。共にお互いを高め合える仲間として利用して下さる患者さんも働いている私たちもHappyになれる病院を目指します。

副院長兼看護部長 八木 純

ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み