HOME > 採用について > 看護師・助産師募集 > 教育

教育

教育方針

 自律した専門職業人を育成するために、キャリア開発ラダーシステムに基づいて継続教育を行う。

現任教育の目的

 質の高い看護サービスを提供するために、地域医療・急性期医療に必要な臨床看護実践能力を習得する。

教育目標

  1. 専門的知識・技術を習得し、患者のニーズにあった看護が安全に提供できる
  2. コミュニケーション能力を養い、患者・家族とより良い人間関係を築き、温かい心で寄り添う看護が提供できる
  3. マネジメント能力・調整能力を養い、チーム医療の一員としての役割が発揮できる
  4. 社会人・専門職業人として倫理的配慮をふまえた行動ができる
  5. 実践報告・看護研究などの取り組みを通して、論理的思考を養うことができる

教育の考え方

 看護師が個々に持つライフステージの中で人として成長しつつ、それが仕事に反映するためにキャリア開発ラダーを取り入れています。
キャリアラダーの段階をビギナー、レベル1〜レベル5の5段階と設定し、ビギナーからレベル2を現任教育の礎と捉えています。 そして、レベル3、4に関しては、自己のライフステージに合わせ研修内容を選択できる教育を実施しています。

レベル4 卓越した看護を実践し、所属を超えたリーダーシップが発揮できる看護師
ジェネラリスト スペシャリスト 看護管理
看護研修
院内認定
専門看護師
認定看護師
副看護師長以上
(看護管理研修)
レベル3 モデル・指導的役割やチームリーダーの役割を遂行できる看護師
レベル2 自己の看護観を確立し日々リーダーの役割を遂行できる看護師
レベル1 看護実践が単独で出来、メンバーシップが発揮できる看護師
ビギナー 指導のもと安全に看護を実践できる看護師

 看護部理念:専門的知識・技術と温かい心であなたに寄り添う看護を提供します。

研修内容

ビギナー(新人看護スタッフ臨床師研修制度の実施)

研修内容
中央研修
  • 社会人・専門職としての責任と心得
  • 感染管理の基礎
  • 医療安全の基礎
  • 看護技術演習(シミュレーション研修)
  • 看護記録(看護診断概論)
看護技術習得研修
(約1ヶ月間)
  • 部署にて基礎看護技術を演習から実際を通して学びます
フォローアップ研修
  • 3ヶ月:コミュニケーション
  • 6ヶ月:入職6ヶ月の振り返りと今後の課題の発見(宿泊研修)
  • 10ヶ月:1年目の振り返りと2年目への挑戦

レベル1

研修内容
A 看護過程の展開
  • 看護診断を通して受け持ち患者の事例展開
基礎・専門看護技術
  • 基礎看護技術の完全習得
  • 配属部署における専門的看護技術の習得
B 看護倫理研修
  • 事例学習や看護体験を通して看護倫理を理解
リーダーシップ研修@
  • リーダーとしての多重課題シミュレーション
  • リーダーシップ・メンバーシップ役割理解
  • モジュールリーダー体験

レベル2

研修内容
A 指導的役割理解
  • 対象者を理解したうえでの教育・企画方法の理解
B リーダーシップ研修A
  • モジュールリーダーの実際とそのリフレクション
  • チーム運営に必要な知識の習得
看護観の育成
  • 看護観を養う事例検討会

レベル3・4

研修内容
院内認定コース 退院支援看護師育成
  • 在宅療養に向けた退院支援を実践できる看護師の育成
静脈注射・化学療法
  • 静脈注射と抗がん剤投与に関する知識と技術の習得
東海アクシス看護専門学校臨床指導者育成
  • 臨地実習が効果的な学びの場となるための臨床指導者の役割理解
退院支援フォローアップ研修
  • 退院支援の現状分析と事例検討
看護倫理
  • 倫理的諸問題を理解するための基本的知識の理解事例検討
院外自己研修
  • 自己の専門性を高めるための自主研修
手術看護認定看護師によるトピックス研修@
  • 術後看護に必要な麻酔と合併症の知識を深める
認定看護師によるトピックス研修A
  • 事例検討からフィジカルアセスメント力の向上

Get AdobeReaderPDFの書類をみるためには、AdobeReader® が必要となります。お手持ちのパソコンでPDF書類をご覧になれない場合は、右のバナーをクリックしAdobe Readerをダウンロードしてください。
ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み