HOME > 採用について > 看護師・助産師募集 > 教育・認定看護師

教育・認定看護師

教育方針

 自律した専門職業人を育成するために、キャリア開発ラダーシステムに基づいて継続教育を行う。

現任教育の目的

 質の高い看護サービスを提供するために、地域医療・急性期医療に必要な臨床看護実践能力を習得する。

教育目標

  1. 専門的知識・技術を習得し、患者のニーズにあった看護が安全に提供できる
  2. コミュニケーション能力を養い、患者・家族とより良い人間関係を築き、温かい心で寄り添う看護が提供できる
  3. マネジメント能力・調整能力を養い、チーム医療の一員としての役割が発揮できる
  4. 社会人・専門職業人として倫理的配慮をふまえた行動ができる
  5. 実践報告・看護研究などの取り組みを通して、論理的思考を養うことができる

教育の考え方

 看護師が個々に持つライフステージの中で人として成長しつつ、それが仕事に反映するためにキャリア開発ラダーを取り入れています。
キャリアラダーの段階をビギナー、レベル1〜レベル5の5段階と設定し、ビギナーからレベル2を現任教育の礎と捉えています。 そして、レベル3、4に関しては、自己のライフステージに合わせ研修内容を選択できる教育を実施しています。

レベル4 卓越した看護を実践し、所属を超えたリーダーシップが発揮できる看護師
ジェネラリスト スペシャリスト 看護管理
看護研修
院内認定
専門看護師
認定看護師
副看護師長以上
(看護管理研修)
レベル3 モデル・指導的役割やチームリーダーの役割を遂行できる看護師
レベル2 自己の看護観を確立し日々リーダーの役割を遂行できる看護師
レベル1 看護実践が単独で出来、メンバーシップが発揮できる看護師
ビギナー 指導のもと安全に看護を実践できる看護師

 看護部理念:専門的知識・技術と温かい心であなたに寄り添う看護を提供します。

研修内容

ビギナー(新人看護スタッフ臨床師研修制度の実施)

研修内容
中央研修
  • 社会人・専門職としての責任と心得
  • 感染管理の基礎
  • 医療安全の基礎
  • 看護技術演習(シミュレーション研修)
  • 看護記録(看護診断概論)
看護技術習得研修
(約1ヶ月間)
  • 部署にて基礎看護技術を演習から実際を通して学びます
フォローアップ研修
  • 3ヶ月:コミュニケーション
  • 6ヶ月:入職6ヶ月の振り返りと今後の課題の発見(宿泊研修)
  • 10ヶ月:1年目の振り返りと2年目への挑戦

レベル1

研修内容
A 看護過程の展開
  • 看護診断を通して受け持ち患者の事例展開
基礎・専門看護技術
  • 基礎看護技術の完全習得
  • 配属部署における専門的看護技術の習得
B
リーダーシップ研修
  • リーダーとしての多重課題シミュレーション
  • リーダーシップ・メンバーシップ役割理解
  • モジュールリーダー体験

レベル2

研修内容
リーダーシップ研修
  • モジュールリーダーの実際とそのリフレクション
  • チーム運営に必要な知識の習得
看護観の育成
  • 看護観を養う事例検討会

レベル3・4

研修内容
看護技術のエビデンス
  • 看護技術に関するエビデンス研修会
院内認定
  • 静脈注射
看護過程と看護診断
  • 看護診断とフィジカルアセスメント
看護倫理
  • 看護倫理事例検討会
看護研究
  • 看護研究の実際
看護観の確立
  • 看護実践のリフレクション
看護理論
  • 理論を看護実践に応用
看護教育
  • コーチング・ティーチング
看護管理
  • 看護管理の基礎と応用
認定領域 認定看護師名
緩和ケア 櫻井 尚子
透析看護 岡田 浩子
がん化学療法看護 岡田 みどり
皮膚・排泄ケア  中田 博子
皮膚・排泄ケア  西村 容子
救急看護  青木 徳子
救急看護  岩本 昌規
脳卒中リハビリテーション看護  佐藤 百合子
手術看護  榛村 律子
手術看護  伊藤 美知子
手術看護  米丸 諭
看護管理  石田 佳子
看護管理  村松 敬子
看護管理 八木 純 
集中ケア  大野 里美
集中ケア  森田 こず江
感染管理  山本 恭子
慢性心不全看護  大石 真由美

認定看護師紹介

 認定看護師は、5年以上の実務経験と日本看護協会指定の教育課程の受講が必要です。当院ではこの受講期間を出張として身分を保障しています
 現在は、18人(感染・救急・皮膚排泄ケア・がん化学療法・脳卒中リハビリ・慢性心不全・透析・手術・緩和ケア・看護管理・集中ケア)の認定看護師がいます。
 取得後は、それぞれの専門領域のスペシャリストとして、チーム活動やコンサルテーション活動を実践し、患者サービスと職員教育を行っています。
 以下に、当院の認定看護師を紹介します。


写真
4階西病棟勤務
 緩和ケア認定看護師は、生命を脅かす疾患を持つ患者様とその家族に対して、疾患の早期から身体的、心理・社会的、スピリチュアルな問題を評価し、障害にならないように予防し対処することにより、生活の質を高めることを使命としています。がんと診断されたときから、がんと共に歩んでいる間もずっと患者様がその人らしく生活出来るよう心身の苦痛を積極的に緩和し、患者様と家族を支えていけるよう頑張っていきたいと思います。

写真
血液浄化センター勤務
 私は現在、維持透析をされている患者さんの透析治療や透析生活を強いられている患者さんの心配事相談を受けたり、介護の問題をご家族と一緒に考えたりしています。
 また、腎臓内科外来に通院されている慢性腎不全患者さんの透析導入が不安なくできるような情報提供や相談対応もしています。私の仕事は長期的に患者さんに関わる仕事です。患者さんの人生の一部を共に過ごすことができ、毎回緊張感もありますが、それ以上に醍醐味も感じております。慢性腎臓病という「病」と共に生きる患者さんを支えるこの仕事を今後も続け、患者さんがよりよい生活ができるような看護をしていきます。

写真
第1外来勤務
 抗がん剤治療を行う患者さんが少しでも副作用が少なく、安全に治療が続けられるための援助、また患者さんのセルフケアを高めるために、患者さん自身ができる工夫やケア方法を支援しています。
 院内のスタッフへは、抗がん剤の安全な取り扱いや副作用に対する専門的な教育・指導や相談などを行い、質の高い看護が提供できるように努めています。

写真
第1外来勤務
 皮膚・排泄ケア認定看護師は、褥瘡(床ずれ)や創傷のケア、ストーマ(人工肛門・人工膀胱)のケア、失禁のある方の排泄管理・スキンケアを行います。患者様とそのご家族が安心 して日常生活や社会生活を送ることができるように支援したいと考えています。また褥瘡・ストーマケア・失禁ケアに関わる看護者からの相談を受け、直接的ケアを行いながらの指導を薦めています。

写真
第1外来勤務
 皮膚・排泄ケア認定看護師は、褥瘡(床ずれ)や治りにくい傷、人工肛門や人工膀胱などのケアなど排泄についての相談を行っています。現在は、泌尿器外来を中心に活動しています。
  人工肛門・人工膀胱による皮膚トラブルや尿失禁や尿漏れなど排尿についての悩み・相談、ケアの方法についてアドバイスなどを行い安心して生活できる支援をしていきたいと思います。病気を持っていても健康な方と同じように楽しみを見つけ、笑顔のある生活が送れるような看護ケアを目指しています。

写真
救急センター/救急病棟勤務
 救急看護は年齢・性別を問わず、診療科・疾患・外傷・中毒・臓器を問わず、軽症・重症も問わず、いつでもどこでも患者さんとそのご家族に対して看護をする事が求められます。限られた時間の中で、重症度・緊急度をアセスメントし、患者の状態を予測した看護実践を行い、患者さんやご家族の苦痛や不安を軽減するよう関わっています。また、医療チームとして、適切でより高い専門的知識や技術の向上が図れるように院内教育も推進しています。

写真
救急外来勤務
 平成28年4月より中東遠総合医療センターの一員として、救命救急センターの救急外来で救急看護認定看護師として働いております。救急外来には、突然の事故・病気・災害など様々な患者様が来られます。そのような方々に対して、院内の医師を初めとしてさまざまなスタッフの力を結集し、日々チーム医療を行っています。
 救急看護の分野は幅広い知識や経験に加えて、医療チームの調整能力や高いコミュニケーション能力なども求められます。これから救急外来や院内のスタッフと共に、より良いチーム医療で患者様とご家族が安心できる看護に取り組みたいと思っています。よろしくお願い致します。

写真
ICU・CCUセンター勤務
  私はICU・CCUセンターで脳卒中の急性期看護に携わっています。発症から間がない患者様の状態は刻々と変化するため、患者様の状態に合った適切なケアを提供できるように、医師や看護スタッフと共にアセスメントすることを大切にしています。また、脳卒中は突然発症し、様々な後遺症を残すことが多く患者様の生活に大きく影響を与えます。そのため、発症後早期よりリハビリテーションを開始し、廃用症候群の予防や日常生活動作の拡大に勤め、生活の再構築のためのケアを実践していきます。

写真
ICU・CCUセンター勤務
 平成27年2月より、手術センターからICUへ異動しました。
 ICUには手術後の患者さんだけでなく、いろいろな診療科の集中治療を必要としている患者さんが入院しています。治療による安静が必要な状況であることから、深部静脈血栓症の予防に取り組んでいます。

写真
5階東病棟勤務
 手術は、医療技術の進歩によってその内容は高度化しています。手術や麻酔による生命力の消耗を最小限にしつつ、患者さんの持つ回復力を最大限に引き出せるよう、手術室・病棟・外来の看護師が継続して看護を実践し、医師・薬剤師・放射線技師・臨床工学技士等とも連携・協働しながら、周手術期(術前・術中・術後)を通して患者さんとその御家族が安心して過ごしていけるようサポートしていきたいと思っています。
 現在、私は外科病棟に配属され、主に術前・術後の看護を行っています。手術前は、手術に対する不安を緩和すること、心身共に万全な状態で手術に望めるように援助します。また、術後が安全に経過できるように十分な観察と必要に応じて医師に連絡し適切な処置を行い、痛みなどの苦痛は最小限に押さえるケアを行っています。患者さんにとって安心・安全な手術のために看護師としてできることを病棟看護師と共に考えています。  

写真
手術センター勤務
 近年、手術機器や麻酔薬の発達などの医療技術の進歩に伴い、高齢者や様々な既往症を持つハイリスク患者さんの手術が増加しています。『手術を受ける』ということは患者さんにとって人生における一大事となります。また、そのご家族も様々な負担を強いられます。手術を受ける患者さんとそのご家族に対し、安全・安楽を基板とした最良な手術看護の提供と周術期看護の質の向上を目指して活動をしていきたいと思います。

写真
ICU・CCUセンター勤務
 集中ケア認定看護師は、生命の危機状態にある患者さんや家族のケアを行なう看護です。集中治療室に入室する患者さんは、急激な病状の悪化により、呼吸・循環・代謝などの機能が不安定になります。そのため、治療効果が最大限となるようフィジカルアセスメントを駆使し、後遺症を残さず回復できるよう、早期からのリハビリテーションや合併症予防の援助を実施しています。
 集中ケアが必要な患者さんは一般病棟にも入院しています。そのような患者さんの病態アセスメントを行い、看護の方向性を各病棟のスタッフの皆さんと一緒に考えていけるよう努めていきます。

写真
ICU・CCUセンター勤務
 集中治療室には生命が危機的状態にある患者様が多く、高度な治療や医療機器なくして生命を維持できない状況にあることも少なくありません。しかし、高度な集中治療を受けることは時に過酷なものとなり、患者様は様々な側面に苦痛や不安を抱え、また、身近なご家族も同じように心配な日々を送っています。
 集中ケア認定看護師として、安心して治療を受けることができるように可能な限り苦痛を減らし、重篤化を回避し、最良な日常生活を取り戻すことができるように必要なケアについて考え実践していくことを目指しています。そして、早期からリハビリテーションを計画し実践していきます。  

写真
7階西病棟勤務
 平成27年度に慢性心不全看護認定看護師を取得しました。心不全とは、心筋梗塞・弁膜症・心筋症・高血圧症といった心疾患により、心臓の機能が低下し発症する病気です。そして、増悪(息苦しさや疲労感など症状が出ている状態)と寛解(安定した状態)を繰り返し、徐々に進行していく慢性疾患です。
 心不全を抱えながら日常生活を送る患者様は、ご自身で心不全の状態に合わせた生活管理をしていくことで安定した状態が続きますが、それには多くの身体的または心理的な影響が伴います。そのような患者様や支えとなるご家族が、心不全の管理を行いながらも安心して安定した日常生活が送れるように、病気への理解や症状の出現を最小限に抑えられるような日常生活の再調整を一緒に考え、療養生活への支援に努めていきます。また、進行するそれぞれの病期に応じて、患者様の苦痛を取り除けるような症状緩和や意思決定に対する支援に努めます。
 
Get AdobeReaderPDFの書類をみるためには、AdobeReader® が必要となります。お手持ちのパソコンでPDF書類をご覧になれない場合は、右のバナーをクリックしAdobe Readerをダウンロードしてください。
ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み