HOME > 採用について > 看護師・助産師募集 >認知症講演会を開催しました〜フレイルと認知症ケア〜

看護部からのお知らせ

認知症講演会を開催しました
〜フレイルと認知症ケアについて〜

2018年11月26日

 認知症ケアの一環として基本的な知識と技術を習得するために、菊川市家庭医療センターの網分信二先生をお招きし、『フレイルと認知症ケア』という演題で、認知症講演会・研修会を開催しました。
 フレイルとは、あまり聞き慣れない言葉ですが、「要介護状態になる前の状態」をあらわす言葉です。講演会ではフレイルの基準等について説明があり、フレイルに早く気付き、正しく介入(治療や予防)することが大切だとお話がありました。具体的には1日20分立つことで寝たきりを防ぐことができ、立つことが人としての尊厳と喜びであるとのお話もありました。
 また、ユマニチュードについての講義と実践指導もありました。ユマニチュードとは、認知症患者さまと接する際のケア技法の一つです。患者さまと視線を合わせ、優しく話しかけ、相手の不安を取り除くように接すること等について指導を受けました。患者さまが安心して入院生活を送ることができるよう、今回学んだ内容を技術として習得し実践していきたいと思いました。
 どの方にも愛情を持って、人間としての尊厳を守り接することが何より大切だと、心に刻むことができた研修会でした。

ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み