HOME > 採用について > 看護師・助産師募集 > 褥瘡対策チームで安楽なポジショニングの演習を行いました

看護部からのお知らせ

褥瘡対策チームで安楽なポジショニングの演習を行いました

2018年8月10日

 ベッドに寝ている患者さんの頭側を挙上すると、体の下がる力とベッドの上がる力の間に「ずれ」が生まれます。このずれが、褥瘡(ねだこ)の原因になります。 これを予防するために「背抜き」という技術を学びました。背抜きをすると背中の突っ張る感じもなくなり寝ている患者さんも楽になります。それに加えて、大・中・小の枕を当てることで居心地よく過ごすことができます。
 講義後、実際に体験し参加した看護師から「患者役になると患者さんのつらさが分かり、自分の看護を客観的にみることができました。明日からの看護に役立てます。」という感想が聞かれました。
 寝たきりで24時間ベッドで過ごす患者さんが、少しでも楽にいられるように、今後も研修で学んだことを生かしてまいります。

写真
良肢位になるよう大中小の枕で調整することを学びました

写真
ベッド上で安楽なポジショニングを体感しました

写真



このページを印刷する
ページの先頭へ
ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み