HOME > 採用について > 看護師・助産師募集 > 看護部からのお知らせ

看護部からのお知らせ

  • 新人宿泊研修 in つま恋
  • 新人宿泊研修 in つま恋

    2017年11月16日

     10月30日(月)〜31日(火)の2日間にわたり、看護部、コメディカル(薬剤師・診療放射線技師・臨床検査技師・言語聴覚士・作業療法士・理学療法士・臨床工学技士・事務職員)総勢40名の新人職員は職場を離れ、つま恋で宿泊研修が行われました。
     就職して半年になる新人職員は仕事に慣れ始め、任される業務が増えたり、受け持つ患者さまの数が増えたり、夜勤が始まり疲れや悩みが増えてくる時期です。
     この宿泊研修では、同僚とのコミュニケーションを深め、モチベーションの向上を図ること、入職してからの自分を振り返ること、これからの学習課題を見つけること、先輩の思いを知ることを目標に、毎年趣向を凝らした研修になっています。
     当日は、八木看護部長が「今日は病院から離れて、仕事を忘れてリフレッシュしてきてくださいね。」と笑顔で送り出し、新人職員も嬉しそうに出発しました。
    1日目 午前
    • 軽スポーツ大会
    チームで力を合わせて作戦を練り、協力して行う様々な種目を楽しんだ
    午後
    • これまでの自分を振り返り軌跡図を作成
    出来ない自分が悔しくて、辛くて辞めたくなるような思いは、実は皆も同じように悩みながら仕事していることに気付けた。
    「よく頑張ってると思うよ。もっと自身を持って大丈夫だよ。」とお互いに声を掛けている場面があった。
    2日目 午前
    • グループワーク
    業務中に起こる場面を抽出し、患者さまとの関わり方を見つめ直した。患者さまや看護師の思い、どのような看護を提供するかグループワークを行った。これまでの経験を踏まえ、患者さまに寄り添える看護師として少しずつ成長している姿を感じた。
    午後
    • 未来図を作成
    課題を見つけ、なりたい2年目像を考えて、そのためにまず何から取り組むか全員に向けて決意表明を行った。

    写真
    軽スポーツ大会でリズムレクリエーション

    写真
    風が強い中、チームの仲間でタイミング良く一斉に隣の棒をつかむ様子

    写真
    スコアボードの後ろでハイチーズ

    写真
    看護場面の振り返りから患者さまと看護師の気持ちを深く考えた

    写真
    新人看護師の集合写真

    写真
    昼食風景

    写真
    2年目に向けた決意表明

    研修後に感想を伺いました

    • 軽スポーツ大会があり、いつもの研修と違い楽しみながら研修ができた。
    • 軌跡図で、自分のことをじっくり振り返ることができた。できなかったことも、こうすれば良かったとポジティブに考えられた。皆も同じように考えていると安心できたり、半年間自分も頑張ってきたと思えるようになった。
    • 漠然とあれが出来るようになりたいという思いはあったが、具体的に何をしたらいいのか考えたことがなかったが、未来図でじっくり考えられ目標を立てられた。目の前の業務をこなすことで精一杯の日々だが、課題が見つかった。
    • 担当部署の先輩から自分に向けて手紙をもらい、先輩の思いを知れて良かった。自分のことをこんなに見てくれていて、応援してくれていると分かって、一人じゃないと思えた。
    • できない事ばかりに目がいっていたが、できることが増え、それを先輩が見てくれていた。病棟全体で、私たちを指導し応援してくれていることが分かり本当に感謝している。
    • 普段、同期と勤務が合わず会えることが少ないので、この研修に来て色々な話ができて良かった。コメディカルの人と一緒に研修ができたので、これから病棟に来た時や自分が行った時には声を掛けやすいし、分からないことがあったらお互いに教え合えるのでいい繋がりができた。

    ページの先頭へ
    当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み