HOME > お知らせ一覧 > 1,072名の想いを添えて 交通安全宣言書を提出

お知らせ一覧

1,072名の想いを添えて
交通安全宣言書を提出

2018年07月24日

 7月19日、当院の宮地正彦企業長兼院長と安全運転管理者を務める長谷川修一管理課長が掛川警察署を訪問し、交通事故ゼロと飲酒運転撲滅を願い記載した交通安全宣言書を三原博美掛川警察署長へ提出しました。
 宮地企業長は「職員一人ひとりが交通安全宣言を手書きし、1,072名が署名した宣言書です。今後とも交通事故を起こさないようここに宣言します。」と決意を語りました。宣言書を受け取った三原署長は「日頃は医療の現場で人の命を助ける業務に携わっていただきありがとうございます。交通安全も意識は同じだと思います。ルールを守り、事故を一件でも減らし、安心・安全のまちづくりにご協力をお願いします。」と激励しました。
 今後も、交通安全の啓発と事故防止に努めてまいります。

写真
交通安全宣言書を手渡す宮地正彦企業長兼院長


ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み