HOME > お知らせ一覧 >高校生体験講座が行われました

お知らせ一覧

高校生体験講座が行われました

2017年6月12日

 6月11日、地域医療に関わる普及啓発を行っている市民活動団体「f.a.n.地域医療を育む会」(武田和子会長)が主催する「高校生体験講座」が当院で開催され、近隣の高校生36名が参加されました。
 オリエンテーションでは、宮地院長と八木看護部長から「やりがいのある仕事。それぞれの専門職が集まって、患者さんにとって一番良い治療ができるようにチーム医療を提供している。10年後、当院で一緒に働いてくれることを望んでいる。」と挨拶がありました。
 その後、浜松医科大学の山岡教授による特別講演が開かれ「医療需要は増加する一方、静岡県では医療スタッフが不足している。医療職は、人の役に立ち社会の繁栄に貢献しながら、自分自身も成長できる感動の職業。ぜひ医療の現場に飛びこんで、この地域で働いてほしい。」と語られました。
 講演が終わると、病院見学や各職種による模擬体験を行い、仕事内容に理解を深めました。懇談会では、実際の現場で活躍しているスタッフと熱心に意見を交わし、参加された高校生たちは「疑問に思っていたことを直接質問ができてよかった。様々な職種があることを知って勉強になった。自分の夢を叶えるために頑張りたい。」などと感想を述べました。
 ご協力いただいた多くのスタッフの皆さまには、心より厚くお礼申し上げます。

写真
浜松医科大学 山岡教授の特別講演
写真
血圧測定とモニター装着を体験

写真
作業療法士から箸動作訓練を学ぶ様子
写真
放射線技師から説明を受ける高校生

写真
生ハムを使った電気メス体験
写真
実際に超音波検査を体験


写真
看護の魅力を語る看護師
写真
積極的に意見交換を交わす様子

写真
f.a.n.地域医療を育む会の皆さんと記念撮影

ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み