HOME > お知らせ一覧 >平成29年度自治体病院球技大会 西部地区予選

お知らせ一覧

平成29年度自治体病院球技大会 バレーボールチームが優勝!

2017年06月12日

 平成29年度自治体病院球技大会(バレーボール・ソフトボール)の西部地区予選が、6月10日に森町総合体育館及び森町営グランドで開催されました。
 大会には、8チーム(バレーボールは7チーム)が出場し、県大会出場の枠をかけて熱戦を繰り広げました。

ソフトボール

 1回戦で浜松市国民健康保険佐久間病院に26−3で圧勝するも、準決勝となる2回戦で磐田市立総合病院に敗れてしまいました。3位決定戦に挑むも浜松医療センターに敗退し、4位という結果でした。
  県大会出場を逃しましたが、今大会は当院の宮地院長が選手として活躍し、応援の皆さんが一体となり大いに盛り上がりました。
  来年こそは予選を勝ち抜き、県大会出場への切符を手にできるように頑張ります。

写真
ピッチャーは総合内科の赤堀医師

写真
ホームランを始めヒットで26点を獲得

写真
ファーストを守る宮地院長

写真
ファインプレーに喜びを分かち合う選手ら

写真
集合写真

バレーボール

 AブロックとBブロックに分かれての予選リーグ、決勝トーナメント方式で試合が行われました。
 当院はBブロックを1位で通過し、決勝戦ではAブロック1位通過の市立御前崎総合病院と対戦し、2−0で圧倒し優勝を飾りました!昨年度は、同院に惜敗し準優勝でしたが、今大会では練習の成果が実った結果となりました。
 10月28日に開催される県大会でも、持ち前の明るさとチームワークを大切にし、良い結果を残せるように努めてまいります。

写真
強烈なスパイクで相手を圧倒

写真
2枚つくブロックを見事にかわし打ち抜きました

写真
集合写真


ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み