HOME > お知らせ一覧 > 名倉企業長兼院長に感謝状が贈呈されました

お知らせ一覧

名倉企業長兼院長に感謝状が贈呈されました

2017年3月27日

 3月24日、「f.a.n.地域医療を育む会」(武田和子会長)から、当院の名倉企業長兼院長に感謝状と記念品が贈呈されました。
 
 武田会長は、「名倉先生が、この3月末に4年間の任期を終え退任されると伺いました。平成25年に統合新病院として中東遠総合医療センターを開院し、今の地域医療体制を築いていただいたこと、また私達の活動に多大なご理解と心配りをいただいていること、今まで様々な面でご尽力されたことに敬意と感謝の気持ちでいっぱいです。今まで以上に中東遠総合医療センターのスタッフが誇りと働きがいを持って地域医療に尽くすことができる環境づくりを応援してまいります。」と述べられました。
 名倉企業長兼院長からは、「本日は誠にありがとうございます。この感謝状は病院スタッフ全員に向けてのものだと受け止めております。病院スタッフの努力やf.a.n.の皆様をはじめ地域の皆様の支えもあって、この病院を軌道にのせることができました。まだまだ課題もありますが、皆様に支えていただきながらさらなる向上を目指してまいります。これからもよろしくお願いいたします。」とお礼のあいさつがありました。

 同会は、掛川市内を中心に地域医療に関わる普及啓発を行っている市民活動団体で、出前講座の開催、当院での「ありがとうメッセージボード」の設置運用や高校生体験講座の開催などを通じて、当院を支えていただいています。

写真
お花が贈られました


写真
感謝状


写真
「f.a.n.地域医療を育む会」の皆さんと記念写真


ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み