HOME > お知らせ一覧 > 車いすをご寄贈いただきました

お知らせ一覧

車いすをご寄贈いただきました

2015年12月09日

 昨年、一昨年に引き続き、掛川市の公益財団法人村岡財団様より車いす5台を
ご寄贈いただきました。
 村岡財団様は、高齢者福祉、青少年の健全育成などに寄与する活動をされて
おり、当院へは一昨年に10台、昨年5台の車いすを寄贈いただいております。  
 当院の車いすには旧病院から使用しているものを中心に、古くなったり使いにくくなったりしているものもあるため、車いすのご寄贈をいただけることは大変ありがたいことです。  
 
 寄贈式では、村岡財団事務局の大谷文彦様から、「中東遠総合医療センターは地域の基幹病院としての役割をしっかり果たされている。私たちも高齢者福祉の増進という点から力になれれば嬉しい。この車いすを利用していただいて、患者さまが喜んでくれると幸いです。」とご挨拶をいただきました。  
 
 掛川市の浅井副市長からは、「中東遠総合医療センターを応援していただき、
掛川・袋井市民を代表してお礼申し上げる。村岡財団様が、地域の青少年の育成・高齢者福祉のために熱い気持ちを持って様々な活動を行っていただいていることに感謝したい。掛川・袋井市民がますます長生きし、青少年が伸び伸び育つよう願いたい。」とご挨拶をいただきました。  
 
 名倉企業長兼院長は、「村岡財団様からいただいた車いすはこれで20台となる。当院にある車いすは約230台で、約1割を村岡財団様より寄贈いただいていることになり、大変感謝したい。入院生活などで寝ていることが多い人が車いすに座ると世界が変わる。いただいた車いすを大切に使い、患者さまの診療に役立てたい。」と話し、感謝の言葉を述べました。  
 
 今回いただいた車いすは、外来患者さまの車いすとして、大事に使わせていただきます。ご寄贈ありがとうございました。

写真
寄贈式の様子1


写真
寄贈式の様子2


写真
寄贈式の様子3


写真
寄贈式の様子4


写真
寄贈式の様子5


ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み