HOME > お知らせ一覧 > 希望の森づくり「育樹祭」(下草刈り)を行いました

お知らせ一覧

希望の森づくり「育樹祭」
(下草刈り)を行いました

2015年11月18日

 11月14日、中東遠総合医療センターで、希望の森づくり「育樹祭」(下草刈り)を行いました。NPO法人・時ノ寿の森クラブ(松浦成夫理事長)と当院の共催で、掛川市、袋井市、小さな親切運動静岡県本部、掛川市希望の森づくりパートナーシップ企業・団体などの協力のもと、約300人が参加しました。この育樹祭は、静岡県が実施している「秋の森づくり県民大作戦」とも連携して行われました。
 病院建物の東側に広がる「希望の森」には、約3年前に掛川・袋井両市民3,300名で植えた苗木が順調に育っています。今回、これらの苗木を雑草から守るため、草刈り会を行いました。参加者は、小雨が降るなか、時ノ寿の森クラブの指導のもと複数のグループに分かれ、手で草を抜いたり、草刈鎌などを使って下草をきれいに刈っていきました。
 雨中の草刈りでしたが、みなさんのご協力のおかげで下草がきれいに刈られました。まもなく、当院へ訪れる方々に安らぎを与える立派な「希望の森」になることでしょう。
 参加者のみなさま、そしてご協力いただいた「小さな親切運動静岡県本部」、関係企業・団体、掛川市・袋井市の関係者のみなさま、ありがとうございました。
写真
名倉企業長兼院長あいさつ
写真
時ノ寿の森クラブ松浦理事長あいさつ
写真
 
写真
中学生も参加してくれました
写真
雨が降るなかがんばってくれました
写真
 
写真
隅々まできれいに刈るぞぉ!
写真
苗木近くは丁寧に刈っていきます
写真
斜面もきれいに刈ってくれました
写真
 
写真
時ノ寿の森クラブのみなさんお疲れ様でした
ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み