HOME > お知らせ一覧 > 育樹、除草作業

お知らせ一覧

育樹、除草作業

2013年11月14日

写真
植樹した病院東側の斜面
 行政と市民、企業などが一体となって推進する「希望の森づくり」プロジェクトの一環として、平成24年10月に、病院東側の斜面7,500uに2万3千本の苗木を植えました。また、苗木が自立するまでの3〜4年は植え込みの手入れが必要であるとの理由から、今年の8月には「育樹祭」が催され、市民ら約200名が参加して除草などの作業を行いました。

 11月に入り、夏を越えて再び雑草でいっぱいになってしまった苗木を守るために、「草笛の会 だいとう作業所」の利用者さんと、「掛川工房つつじ」の利用者さんが、苗木の周りを除草してくださっています。取材した13日は、20代から60代までの幅広い年代の方12名(内、指導員2名)が参加してくださいました。急に冷え込みが強まり、寒風吹く屋外での作業ですが、指導員さんは「利用者さんと外に出る作業なので、気分転換にもなります。みな楽しんでやっています」とおっしゃってくださいました。この作業は就労訓練の一環として、11月末までの毎週水・木曜日に行われます。寒い中での作業、本当にありがとうございます!

 施設利用者さんに作業を依頼した「NPO法人時ノ寿の森クラブ」の松浦成夫理事長は、「雑草に負けないように人の手をかけて、みんなで早く大きくしたいという気持ちが広がってくれれば」と話します。病院職員として、また、植樹に携わった一市民として、今後も苗木の生長を見守っていきたいと思います。

写真
除草してくださっている皆さん

ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み