HOME > お知らせ一覧 > 自衛隊ヘリ着陸訓練を実施しました

お知らせ一覧

自衛隊ヘリ着陸訓練を実施しました

2013年09月04日

訓練概要

 総合防災訓練の一環として、袋井市役所が主体となり、海上自衛隊ヘリコプターによる重傷者の当院への航空搬送訓練を実施しました。海上自衛隊と連携し、救護所でのトリアージから当院への患者搬送までの一連の訓練とすることで、災害受援体制の強化を図ります。

海上自衛隊ヘリコプターについて

写真
海上自衛隊ヘリコプター
  • 機種:SH60 シーホーク
  • 全長:19.75m
  • ローター全長:16.35m
  • 全高:5.2m
  • 自重:6.895t

訓練結果

 自衛隊ヘリの離着陸については、時間通りに訓練を終了することができました。しかし、自衛隊ヘリはドクターヘリと比べてダウンウォッシュ(吹き降ろし)が非常に強かったため、どの程度の緩衝帯を確保する必要があるか等、さらに検討を重ねてまいります。
 今回は自衛隊ヘリの受け入れが主な訓練となりましたが、災害拠点病院としての役割を果たせるよう、防災体制を強化する訓練を行ってまいります。
写真
着陸訓練の様子
写真
防災対策本部の様子

ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み