HOME > お知らせ一覧 >掛川市・袋井市病院企業団立 中東遠総合医療センターの開院にあたって

お知らせ一覧

掛川市・袋井市病院企業団立
中東遠総合医療センターの開院に
あたって

企業長兼病院長 名倉 英一

 平成25年5月1日、掛川市立総合病院と袋井市立袋井市民病院の統合新病院である中東遠総合医療センターが開院しました。平成18年度に両病院でほぼ同時に開始された建物の建て直し計画から7年の歳月が流れました。長いようでもありますが、今となっては一瞬にも感じます。新病院は、わが国で初めて二つの市の市民病院が統合する事業です。このプロジェクトは、両市民の熱い思いに始まり、両市及び静岡県関係者の一貫した縣命な努力、さらに地域医療の再生を願う医師派遣大学の名古屋大学、浜松医科大学、名古屋市立大学、岐阜大学、愛知医科大学の多大な協力と支援の賜物です。新病院の開院にあたり、ここにすべての関係者に深甚なる感謝の意を表します。
 さて、新病院は感染症病床4床を含む500床から成る中東遠東部の急性期医療の基幹病院です。地域の多くの医療福祉施設と密接に連携し中核施設として機能しますが、基本的な性格は市民病院です。従いまして、当院の基本理念は、「中東遠総合医療センターは、掛川市及び袋井市をはじめとする中東遠地域の基幹病院として、すべての人に質の高い医療を提供し、愛され、信頼される病院を目指します」であります。また、病院運営の基本方針は、以下の7項目です。

  1. 地域連携のもとに、地域住民にとって必要とされる患者中心の質の高い医療を提供します。
  2. 地域の救急体制の核として、充実した救急医療を行います。
  3. 保健・医療・福祉の連携のもとに、地域住民の健康増進と健康管理に貢献 します。
  4. 災害時には命を守るための拠点となります。
  5. 職員が誇りと働きがいを持って地域医療に尽くすことができるような職場環境を整備します。
  6. 良質な医療を提供するため、教育、研修を充実します。
  7. 持続的かつ安定的な健全経営を実現します。


 新病院は、本日、開院し、第2ステージ゙あるいは第2幕とも言える局面に入りました。新しい電子カルテを使い、二つの病院のこれまでの伝統文化を融合しなければならない現実に直面します。これまでに随分と準備をしていきましたが、まだまだ診療の基本的な手順が完成しているとは言えません。そこで、平成25年度の病院としての目標は、「良質かつ安心・安全な医療サービスの提供体制を確立し、市民から信頼され親しまれる病院を目指す。」とします。医療サービスの提供体制の評価は第三者の目が必要です。今年度中に、十分に診療システムの精度を上げ、来年度には機能評価を受診し、高い評価を得たいと考えています。同時に、利用者である市民からは受診しやすく親しまれる病院にしたいと思います。

 今年度の具体的な行動計画としては、第一に、新病院における安全かつ効率的な診療システムの構築を掲げます。これは全体の目標と同じですが、開院から毎日を実践の場と捉え、定期的に全体の業務の見直しをしたいと考えています。
第二には、各部署における年間の業務計画の策定と業務改善目標の設定をしたいと思います。この作業の目的は新病院を良質な経営体質にすることです。6月末までに計画策定し、来年2月には結果の発表会を行いたいと考えています。
第三は、市民への広報活動の実践です。さまざまな媒体を通じて新病院に関する広報活動を行い、また、 定期的に掛川袋井両市民への医療市民講座を開催し医療知識の普及に努めたいと思います。こうした活動を通じて掛川・袋井両市民及び周辺の住民からの信頼を得ることを目指したいと思います。
第四に、各職域で院内院外関係者のカンファランスを定期的に開催したいと思います。カンファランスを行うことで院内スタッフと認識を共有し、院外関係者と連携を保つことが可能となります。  
最後に、医師やco-medicalの臨床研修には熱意を込めた十分な内容と指導を行いたいと考えています。医療の質の向上には教育は欠かせません。
以上を通じて、新病院は、市民からは親しまれ、スタッフには働きがいのある病院になることを目指します。

平成25年度の目標

良質かつ安心・安全な医療サービスの提供体制を確立し、市民から信頼され親しまれる病院を目指す。
 → 第三者の評価  ⇔  来年度に機能評価を受診し、高得点を目指す

平成25年度の行動計画

  1. 新病院における安全かつ効率的な診療システムの構築
     → 毎日が実践の場、定期的に全体の見直し
  2. 各部署での年間の業務計画の策定と業務改善目標の設定 ⇔ 良質な経営
     → 6月末までに計画策定し、2月に結果の発表会
  3. 市民への広報活動
    • さまざまな媒体を通じて広報活動
    • 掛川袋井両市民への医療市民講座の開催
       → 掛川・袋井両市民と周辺の住民からの信頼を得る。
  4. 各職域で院内院外関係者のカンファランスを定期的に開催
     → 院内スタッフと認識を共有し、院外関係者と連携
  5. 臨床研修の充実
     → 医療の質の向上に不可欠
⇒ 働きがいのある病院へ
ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み