HOME > ご利用案内 > 人間ドックのご案内 >PETがん検診のご案内

PETがん検診のご案内

PET検査とは?基礎知識&治療説明

検査を受けることができないかた

  1. 血糖値高値のかたは、PET検査を受けることができません。
    PET検査前の血糖値が200mg/dlを超える場合は、医師の判断により中止させていただくことがあります。
  2. 妊娠中のかた、または疑いのあるかたについてはPET検査を受けることができません。
  3. 授乳中のかたもなるべく時期をずらす事をおすすめします。
  4. 極度の閉所恐怖症のかた(過去にCTやMRIの検査を受けることができたかたは問題ありません。)

PET検査注意事項

前日

  • 検査前日よりアルコールの摂取は避けていただきます。
  • 夕食は午後9時までに消化の良い、油気の少ないもので済ませてください。
  • はげしい運動やマッサージなど筋肉を刺激することは避けてください。

検査当日に腫瘍マーカー5項目の採血を行います。(採血内容)

  • 肝臓がん(AFP)
  • 膵臓がん・胆のうがん(CA19-9)
  • 腸管がん(CEA)
  • 肺がん(SCC)
  • 前立腺がん・男性のみ(PSA)
  • 卵巣がん・女性のみ(CA-125)

検診の流れ

1受付
午前10時30分受付です。※検診実施日:原則 水曜日
2身長・体重・血圧・血液検査
身長、体重、血圧、腫瘍マーカーと血糖測定を行います。
3PET検査
PET検査を行います。所要時間は2〜4時間です。
4終了
PET検診終了です。
昼食
昼食は健診センターの食堂で召し上がっていただきます。
結果報告
PET検診の結果は後日医師より結果説明をさせていただきます。ご了承ください。

検査後の注意

帰宅後

 検査のために注入した検査薬が体外に排出されるまで、丸一日かかります。
 そのため、検査薬から発生した(放射線)が完全に消えてなくなるまで、以下のことに気をつけましょう。
  • 妊婦さんや乳幼児への接触を控えてください。
  • 使用された検査薬は尿として体外に排出されますので、トイレの後はよく手を洗うように心がけてください。
ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み