HOME > 特色と取り組み > 感染管理に関する取り組み

感染管理に関する取り組み

感染予防を目的に、患者やスタッフを感染の危険性から守り安全を確保できる環境を整えます。

理念・方針

すべてのスタッフが感染対策に関する知識を持ち、感染予防に積極的に取り組むことで患者様やスタッフを感染から守ります。
  1. 院内感染対策マニュアルを遵守し、感染対策を適切に行うための教育を実施します。
  2. 院内感染のアウトブレイク(※1)、あるいは異常発生をいち早く察知するためにサーベイランス(※2)を行います。
  3. アウトブレイク発生時は、迅速な対応をし、速やかな終息を目指します。
  4. スタッフ自らが感染源とならないために、ワクチンの予防接種を積極的に推奨します。
  5. 患者様とスタッフに感染防止対策に必要な情報を積極的に提供します。

※1 アウトブレイク(病気の感染が爆発的に広がること。)

※2 サーベイランス(感染症などの動向について調査・監視を行うこと。)

業務内容

  1. 院内感染対策マニュアルの作成
    現場で活用できる、分かりやすいマニュアル作成に努めています。
  2. 院内感染防止の教育
    院内感染対策マニュアルを遵守し、感染防止対策に努めています。
  3. サーベイランス
    サーベイランスを行うことにより感染率を把握し、原因追及、対策の介入を行っています。
  4. アウトブレイク対策
    院内感染の集団発生の兆候を察知し、対応策を立て、速やかな終息に努めます。
  5. ラウンド
    適切な感染対策が行われているか確認するために院内ラウンドを行っています。
  6. 抗菌薬の適正使用の推進
    抗菌薬が適正に使用されているか継続的に確認しています。
  7. 職業感染対策
    スタッフが感染源とならないために、ワクチンの予防接種を積極的に推奨しています。
ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み