HOME > 特色と取り組み > センターのご紹介 > PETセンター

PETセンター

PETセンターPET-CT(シーメンス)
PET-CT(シーメンス)

 中東遠地区で唯一のPET/CT装置を導入しました。
センターではがんの早期発を目的とし、最新鋭のPET/CT装置(シーメンス社製Biogragh mCT20)を導入しました。
従来のPET/CTに比べて、

  • 高分解能LSOクリスタルを搭載しました。
  • 視野全域にわたって約2mmの空間分解能を実現するHD・PETとTOF(Time of Flight)を組み合わせた新たな画像再構成法であるultraHD・PETを採用し、分解能、コントラストの向上に加え短時間での検査が可能になりました。検査時間が従来の約30分から約20分に短くなり、負担が軽減されます。
  • 高性能CTであるDefinitionASシリーズを搭載し、高速撮影、低被曝を実現しました。
    日本核医学会PET核医学認定医、専任診療放射線技師などによる適切かつ質の高いPET/CT検査を提供します。
PET画像
PET画像

PET/CT検査の特徴

  1. 新しい検査機器です
     CTやMRIなどの診断機器は形態の変化でがんを発見しますが、PETは糖の代謝に基づいた画像でがんを発見する診断機器です。CTを組み合わせた一体型のものをPET/CTと呼び、診断能は向上します。
  2. 一度の検査で全身のスクリーニングが可能です
     従来のCT・MRなどの検査ではがんの可能性が高い部位のみしか撮影できませんでしたが、PET/CTでは一度に全身の検査を行います。これにより予想外の部位でがんを発見したり、転移の有無についてなども調べることができます。
  3. PET/CT検査による被曝について
     PET検査では放射性薬剤を投与しますが、これによる被曝線量は胃バリウム検査の約半分(胃バリウム検査4mSv、PET検査:約2.2mSv)です。放射性物質は2時間後には約半分に減少し、翌日にはほとんど体内に残りません。PET/CTではCT撮影により被曝量は約10mSv加わりますがお体への影響はほとんどありません。
  4. PET/CT検査の限界
     PET/CTでも数mm以下の小さながん細胞は発見できません。また検査薬(18F−FDG)は炎症などがん以外の病気にも集積するため、がんかどうか確定診断のために他の検査が必要になることがあります。PET/CT検査にも見つけるのが困難ながん(胃、肝、胆道、腎臓、尿管、膀胱、前立腺、子宮など)があります。PET/CT検査は万能ではありません。 血糖値が150mg/dl以上の場合、薬が筋肉に集まり検査の精度が低下する場合があります。

PET/CT検査の流れ

 検査前約5時間絶食になります。血糖値測定後、検査薬(18F-FDG)を静脈注射し、全身に行き渡るまで1-2時間安静にします。その間に体を動かすと筋肉に薬が集まってしまうので安静にしてください。前日に激しい運動はしないでください。撮影は装置のベッドに約20分間横になっているだけです。異常か否か不明瞭な場合、数時間後に2回目の追加撮影をします。

FDG-PET/CT検査の保険適用 (2012年4月改訂)

ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み