HOME > 特色と取り組み > センターのご紹介一覧 > 認知症疾患医療センター

認知症疾患医療センター

方針

 当センターでは、受診される方が認知症なのか、軽度認知障害なのか、加齢による正常のもの忘れなのか、それとも認知症と間違えやすい別の疾患なのかを見分け、認知症と診断された場合は、病気の診断を行います。認知症の治療には、薬物療法と非薬物療法とがあります。早い段階での対処が、その後の病状の進行を抑制させるため、医師・心理士・精神保健福祉士が協同し、患者さまやご家族の状況に応じて支援していきます。

概要

 旧掛川市立総合病院で、平成24年1月に静岡県の指定を受けました。センターの機能としては、神経内科の「もの忘れ外来」を基幹として、診療・相談・連携を行っています。
 業務内容は専門医療相談をはじめ、認知症の鑑別診断と治療方針の選定です。なお、精神症状の治療に関しては、当院は精神科病床を有していないため、小笠病院や川口会病院等の精神科病院と連携しています。
 また、地域連携の推進として、地域包括支援センターや市役所など関係機関との連絡調整、認知症に関する研修会や認知症疾患医療連携協議会の運営を行っています。

診療体制

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
診察 若井 若井
桝田 安藤
面談
検査
専門医療
相談
専門医療
相談
専門医療
相談
  心理検査     心理検査 心理検査 

特色・特徴

 当センターは、患者さまやご家族が不安な気持ちを軽減できるよう面談を積極的に行っています。また、住み慣れた地域で安心して生活を送るためにも、かかりつけ医との連携だけではなく、地域包括支援センターやケアマネジャー等の関係機関との連携にも力を入れています。

(件)

 
新規患者数  専門医療相談 関係機関との調整
面談  電話  面談  電話 
H25 249 809 132 52 592
H26 271 869 85 66 913
H27 319 897 115 43 809
H28 233 813 83 37 900

受診の流れ

※当センターへの受診は、かかりつけ医による紹介状が必要です。まずは、かかりつけ医にご相談ください。


写真

y[W̐擪
@ɂ‚ fÉȁÊЉ FƎg