HOME > 特色と取り組み > センターのご紹介一覧 > 血液浄化センター(透析)

血液浄化センター(透析)

血液浄化センター(透析)
血液浄化センター(透析)
 血液浄化センターは、慢性腎不全患者さまの透析療法(血液透析、血液濾過透析、腹膜透析及びそれらの併用療法)を中心に、各種アフェレーシス治療など、血液浄化療法を必要とする患者さまに対応しています。
 当センターは医師(人工透析外科・腎臓内科)を中心に、専任看護師・MA・臨床工学技士・管理栄養士でチームを形成し、当センターでの治療が必要とされる患者さまに対し、より良い血液浄化療法を行えるように努めています。

理念・方針

理念

 最新の知見に基づき、最善の血液浄化療法を提供します。

方針

 感染管理を徹底させ、安全な治療を提供します。

  1. 透析液の清浄化を徹底して行います。
  2. 個々の患者さまの問題解決に向けて、各専門職からなるチームにより介入していきます。(身体的問題・精神的問題・社会的問題)
  3. 透析合併症の早期発見・早期治療に努めます。
  4. 透析導入前から慢性腎臓病外来に透析認定看護師・透析指導看護師が参加し、患者指導という形で治療に介入していきます。

業務内容

  1. 維持血液透析:一般ベッド 48床、感染対策用個室ベッド 2床
    上記ベッドにより月・水・金 2クール(午前・午後)、火・木・土 1クールの透析療法施行
  2. 腹膜透析:自宅腹膜透析施行のもと、月一回の外来診療により慢性腎不全管理を行う
    腹膜透析単独では管理不十分な場合、血液透析との併用療法を実行
  3. 特殊血液浄化
  4. 種類 対象疾患
    LDL吸着 家族性高コレステロール血症
    エンドトキシン吸着 敗血症
    単純血漿交換 (たんじゅんけっしょうこうかん) 劇症肝炎・膠原病
    顆粒球除去 潰瘍性大腸炎
    持続的血液濾過透析 重症膵炎
    二重濾過血漿交換(にじゅうろかけっしょうこうかん) C型肝炎
  5. CART(腹水濾過濃縮再静注法)
    腹水貯留によるQOL低下した患者さまへのQOL改善

実績

平成27年度 平成28年度 平成29年度(4~10月)
維持透析実施件数 17,639 17,128 9,544
新規導入患者数 59 59 25
他科依頼患者数 143 186 176

ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み