HOME > 当院について > 企業長あいさつ

企業長あいさつ

新年のごあいさつ

平成30年1月4日
企業長・院長 宮地 正彦

企業長 宮地正彦
 あけましておめでとうございます。
 皆さまには健やかに新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
 就任して初めての新年を迎え、あらためて当院から見える富士山の素晴らしさに感動いたしました。
 昨年の4月に私が当院の企業長兼院長に就任して以降、市民の皆さまをはじめ地域の医療関係者など、本当に多くの方々に支えられ、円滑な診療ができていることに心から感謝申し上げます。就任以降、院内のシステムやルールの改善、およびお互いの連携を深めるための意識改革をいくつか行ってまいりましたが、職員の協力と実践により、徐々に大きな成果となって表れつつあります。意識改革は仲間を尊重し合う風土を生み、効率的かつ機能性に富んだ診療体制に変革していくことで、さらに質の高い医療の提供につながってゆくと考えています。また地域の医療施設との連携が強化され、地域医療への貢献、さらには地域医療の向上にもつながると考えます。
 今後も、職員とともに考え、議論し、患者さまにとって、より安全・安心な医療が提供できる病院、また職員にとっても働きやすい病院作りに全力を尽くしてまいります。
 今年度の運営目標に掲げている「日本トップクラスの臨床研修病院を目指す」ことも非常に重要なテーマだと考えています。若手医師にとって、より魅力があり、実効性のある初期及び後期研修プログラムを構築し、熱意をもって教育にあたることは我々の使命だと考えます。教育への取り組みは、自らの臨床診療の向上につながるとともに、医師確保にも寄与するものであり、引き続き、病院を挙げて教育の充実に取り組み、良質な医療の習得と、人としても尊敬されるような医師の育成に努力してまいります。
 また、全ての職種においても教育研修をさらに充実させ、職員の技能の質を高め、人としてのさらなる成長を促し、チーム医療における連携を良好にし、質の向上を目指すことが重要だと思います。
 目指すところを挙げるときりがありませんが、常に前進していく気持ちで、地域の皆さまのお力をお借りしながら病院運営に励んでいきたいと思います。 新しい年が皆さまにとって良い年となるよう、また、中東遠総合医療センターがますます発展し、地域の皆さまに愛され、信頼される病院となるよう祈念し、新年のあいさつとさせていただきます。
  今年もよろしくお願いいたします。  


 メディカルノートに宮地院長のインタビュー記事が掲載されました
写真
 
 病気や症状等の医療情報サイト「メディカルノート」に当院の宮地院長のインタビュー記事が掲載されました。
 宮地院長のプロフィールも掲載されていますので、あわせてご覧ください。

就任のご挨拶

企業長のプロフィール 及び 主な資格等

ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み